パッキン、テフロン、Oリング、フッ素樹脂、オイルシール、ゴムのパッキンランド

Oリング

Oリング(オーリング)は、最初にアメリカで、航空機の油圧系統のシールとして、ゴム製 Oリングが規格化されました。現在では、半導体・原子力関連機器を始め、油圧・空圧機器などあらゆる産業に使用され、広範囲の使用で、シールでは、最も数多く使用されるシールのひとつです。

豊富なOリングの画像

Oリング=オーリング=O-ring=O-リング

○ コンパクトでスペースが小さくなります。
○ シールに方向性がありません。
○ 広範囲の圧力に使用できます。
○ 種類が豊富で、シールでは低価格です。


Oリングの種類・規格・寸法(サイズ)

Oリングの規格・種類の詳細はこちら

寸法・サイズの詳細はこちら

[お問合せ/お見積はこちら] ▲TOPへ

Oリングの材料

Oリングの材料の詳細はこちら

[お問合せ/お見積はこちら] ▲TOPへ

Oリングの密封機構(漏れ止め原理)

Oリングを溝に装着し、約8〜30%の圧縮(つぶししろ)を与え、低圧の場合は、Oリング 自体の弾性によって、セルフシールすることができます。密封流体の圧力が、増加してくるとOリングは、その圧力によって溝の片側に押し付けられ、O形が変形し、D形になることで、接面圧力が増加し、シールすることができます。

Oリングの密封機構(漏れ止め原理)の詳細はこちら

[お問合せ/お見積はこちら] ▲TOPへ

Oリングの線径(太さ)

Oリングは、合成ゴムでできていますので、材質によって程度の差はありますが、使用中に接触圧力がだんだん減少してきます。一般的に、同条件であれば、線径の太いほうが、ひずみ率が小さくなりますので、Oリングは、線径の太い方が、安定したシール性が得られます。

Oリングの線径(太さ)の詳細はこちら

[お問合せ/お見積はこちら] ▲TOPへ

Oリングのつぶししろ

Oリングのつぶししろは、密封機能上最低限必要とされる約8%から、応力亀裂が生じたりゴム材料の圧縮永久ひずみの限界とされる約30%までの範囲で設計されます。ただし諸条件によってその%は変動します。

Oリングのつぶししろの詳細はこちら

[お問合せ/お見積はこちら] ▲TOPへ

溝のすきまとはみ出し

Oリングの耐圧は、Oリング自体の耐破壊圧力と、Oリングを装着した溝のすきまによって決まります。溝の中のOリングは、圧力から押される方向へ動き、溝のすきまが大きすぎると、そのすきまにOリングの一部がはみ出しを起こし、はみ出した部分が、むしれて、最終的には、Oリングが破損しその機能を失ってしまいます。

溝のすきまとはみ出しの詳細はこちら
バックアップリング

[お問合せ/お見積はこちら] ▲TOPへ

溝の材料と粗さ

Oリングと接触する溝部の面は、Oリングを固定用に使用する場合は、Oリング材料の物理的強度、使用条件に適合していれば、それほど考慮することはありませんが、特に運動用として使用する場合は、摺動面の材質、表面仕上げによってOリングの寿命と密接に関係してきます。特に摩擦磨耗性に大きく影響します。一般に摺動面が硬いほどOリングの寿命も長くなるとされています。

溝の材料と粗さの詳細はこちら

[お問合せ/お見積はこちら] ▲TOPへ

いろいろなOリング溝寸法

いろいろなOリング 溝寸法の詳細はこちら (汎用規格は、検索からみてください。)

Oリング 溝部の寸法設定

[お問合せ/お見積はこちら] ▲TOPへ

取り付け部の面取り

Oリングの装着にあたってはOリングにきずがつかないようにグランドや、ピストンロッドなどの鋭利ながとは無くすようにします。
Oリングを装着するとき、圧力の出入穴など横穴部分を通るときは、Oリングが、傷つかないように面取りをし、ピストンシールの場合、Oリングが摺動する部分に、そのような横穴が絶対につかないような設計にします。

取り付け部の面取りの詳細はこちら

[お問合せ/お見積はこちら] ▲TOPへ

潤滑とねじれ

一般にOリングは、密封する油に浸って潤滑されます。密封対象が、空気やガスなどその他、油と接触しない場合には、使用条件に適した潤滑油を充分に浸したフェルトワイパを使用するか、2つのOリング 溝の間にグリース溝を設けて潤滑するようにします。どちらの場合も適用できない場合は、溝とOリングにグリースを十分塗布して装着します。

潤滑とねじれの詳細はこちら

[お問合せ/お見積はこちら] ▲TOPへ

Oリング 取り扱い

Oリング 取り扱いの詳細はこちら

[お問合せ/お見積はこちら] ▲TOPへ

Oリングの不具合と対策

Oリングの不具合と対策の詳細へ

Oリングの製造方法

Oリングの製造方法の詳細はこちら

Oリングの製造方法

送り焼きOリング

[お問合せ/お見積はこちら] ▲TOPへ

高機能 Oリング

高機能 Oリングの詳細はこちら

カルレッツOリング

[お問合せ/お見積はこちら] ▲TOPへ