パッキン、テフロン、Oリング、フッ素樹脂、オイルシール、ゴムのパッキンランド

Oリングの密封機構(漏れ止め原理)

Oリングを溝に装着し、約8〜30%の圧縮(つぶししろ)を与え、低圧の場合は、Oリング自体の弾性によって、セルフシールすることができます。密封流体の圧力が、増加してくるとOリングは、その圧力によって溝の片側に押し付けられ、O形が変形し、D形になることで、接面圧力が増加し、シールすることができます。原理的には、ゴムが破壊されるまでシールすることが可能です。しかし、Oリングの使用個所には、かならず、すきまが存在します。密封流体の圧力が高くなれば、そのすきまからOリングが、はみだして破壊され、密封機能が低下してしまいます。このような高圧の場合は、バックアップリングを併用することによって、このはみだし現象を防止することができます。バックアップリングは、作動圧力が6.9MPa(70kgf/cu)以上を目安として使用しなければなりません。また、はみだしが問題でない低圧でも、使用することによって、Oリングの破損原因であるむしれやねじれ損傷などを防止し、Oリングの寿命を長くする効果もあります。

Oリング漏れ止め

[お問合せ/お見積はこちら] ▲TOPへ