パッキン、テフロン、Oリング、フッ素樹脂、オイルシール、ゴムのパッキンランド

溝のすきまとはみ出し

Oリングの耐圧は、Oリング自体の耐破壊圧力と、Oリングを装着した溝のすきまによって決まります。溝の中のOリングは、圧力から押される方向へ動き、溝のすきまが大きすぎると、そのすきまにOリングの一部がはみ出しを起こし、はみ出した部分が、むしれて、最終的には、Oリングが破損しその機能を失ってしまいます。はみ出しの程度は、すきま、流体圧力、硬さ、材質、往復運動時の摩擦力などに関係します。すきまは、溝部構成材料の熱膨張や、高圧による溝部の膨らみなどを考慮した上で、可能な限り小さくしたほうが安全です。すきまや圧力が小さくできない場合は、バックアップリングを併用しなくてはなりません。
バックアップリングを使用しない場合のすきまCの最大値

Oリング溝のすきまとはみ出しの関係図

バックアップリングを使用しない場合のすきまCの最大値

 硬さ
(Hs)
使用圧力MPa(kgf/cu)
4.0(41)
以下
4.0(41)
を超え6.3(64)
以下
6.3(64)
を超え
10.0(102)
以下
10.0(102)
を超え
16.0(163)
以下
16.0(163)
を超え
25.0(255)
以下
70 0.35 0.30 0.15 0.07 0.03
90 0.65 0.60 0.50 0.30 0.17

[お問合せ/お見積はこちら] ▲TOPへ