パッキン、テフロン、Oリング、フッ素樹脂、オイルシール、ゴムのパッキンランド

Oリング材料

Oリングの材料は様々な規格によって厳密に規定されていますが、その単純な形状から色々な使用方法が出来るため、それぞれの使用環境によって適当な材料を選定することができます。

Oリングに使用される材料

主要ゴムの特性と用途一覧表

ニトリルゴム(NBR) - 耐油性、耐磨耗性、耐老化性が良い
水素化ニトリルゴム(HNBR) - NBRの耐熱性・耐候性を向上
フッ素ゴム(FKM) - 高度の耐熱性と耐薬品性をもっている
シリコーンゴム(VMQ) - 高度の耐熱性と耐寒性をもっている
エチレンプロピレンゴム(EPDM) - 耐老化性、耐オゾン性、耐候性、耐薬品性、耐磨耗性が良い
クロロプレンゴム(CR) - 耐候性、耐オゾン性、耐熱性、耐薬品性など平均した性質を持つ
アクリルゴム(ACM) - 高温における耐油性が良い
ブチルゴム(IIR) - 耐候性、耐オゾン性、対ガス透過性がよく、極性溶剤に耐える
ウレタンゴム(U) - 力学的強度が特に優れている


クロロスルフォン化ポリエチレン(CSM)
- 耐老化性、耐オゾン性、耐候性、耐薬品性、耐磨耗性がよい
エピクロルヒドリンゴム(CO,ECO) - 高温における耐油性がよい、耐ガス透過性、耐老化性がよい
天然ゴム(NR) - 耐磨耗性など機械的強度が大きくもっともゴムらしい弾性を持つ
(参考)ふっ素樹脂(PTFE) - 耐熱、耐薬品性など最高に優れる、ただし樹脂のため弾性が無い

[お問合せ/お見積はこちら] ▲TOPへ

Oリングに使用されるゴムについて

Oリング材料の参考資料


[お問合せ/お見積はこちら] ▲TOPへ