パッキン、テフロン、Oリング、フッ素樹脂、オイルシール、ゴムのパッキンランド

各種 ゴム 定数表 [純ゴム配合]


主要なゴムの様々な定数表です。ゴムは、同じ材質であっても、それぞれ配合によって、大きく性能が異なることがあります。

(注意)このゴム定数表は全てを表したものではありませんので、あくまで参考としてご覧下さい。数値の保証は一切致しません。ご理解下さい。 実際のご使用は、試験片などによる実用試験でご確認の上ご使用ください

ニトリルゴム、フッ素ゴム、シリコーンゴムについて

項目 各種ゴム NBR FKM Q
ニトリルゴム
アクリロニトリル量wt%
フッ素ゴム シリコーンゴム
比重 0.95[20%]
1.02[45%]
1.8 0.96〜0.98
屈折率 * 1.519〜1.521[25〜45%] 1.38〜1.39 1.404
比熱 J/(kg・K) 1960[40%] - 1510〜1550
熱伝導率 W/(m・K) 0.25[18〜35%] - 0.167〜0.149
結晶化最適温度 - - -52〜-54
線膨張係数
10-4/℃
>Tg 2.4[18%],2.3[26%],
2.2[40%]
0.1〜1 2.5〜4.0
<Tg 0.8[18%],0.7[26%],
0.65〜0.73[40%]
- -
ガラス転移点Tg -85+1.4A[20〜40%]
(A=ニトリル%)
-20〜-10 -125±7(ジメチルシロキサン),
-112(フェニル10%)
*

エチレンプロピレンゴム、クロロプレンゴム、アクリルゴム、天然ゴムについて

項目 各種ゴム EPDM CR ACM NR
エチレンプロピレンゴム クロロプレンゴム アクリルゴム 天然ゴム
比重 0.85〜0.87 1.20〜1.25 1.09 0.93
屈折率 * 1.48 1.558 1.465 1.519
比熱 J/(kg・K) 2170 2180 - 1880
熱伝導率 W/(m・K) 0.356 0.193 - 0.134
結晶化最適温度 - -5 - -25〜-26
線膨張係数
10-4/℃
>Tg 2.3〜2.4 2 - 2.2〜2.3
<Tg - - - 0.63〜0.80
ガラス転移点Tg -50〜-58 -45〜-43 -20〜-10 -79〜-69
*

スチレンブタジエンゴム、ブチルゴム、ウレタンゴム、クロロスルホン化ポリエチレンについて

項目 各種ゴム SBR IIR U CSM
スチレンブタジエンゴム
スチレン量wt%
ブチルゴム ウレタンゴム クロロスルホン化PE
比重 0.93[23〜25%]
0.98〜1.01[50〜55%]
0.91〜0.96 1.2(PerlonU) 1.10〜1.28
屈折率 * 1.535[23.5%] 1.508 1.50〜1.55 -
比熱 J/(kg・K) 1880[23〜25%]
1820[43%]
1840〜1920 1880 -
熱伝導率 W/(m・K) 0.193〜0.247 0.130 0.117〜0.176 0.11
結晶化最適温度 - - - -
線膨張係数
10-4/℃
>Tg 2.3[30〜50%] 1.8 1.0〜1.2 -
<Tg 0.8[30〜50%] - - -
ガラス転移点Tg -78+1.285/1-0.005S
(S=スチレン重量分率)
-75〜-67 -32
(エラストラン455)
-34
*

エピクロロヒドリンゴム、ブタジエンゴム、ポリスルフィドゴムについて

項目 各種ゴム CO,ECO BR T
エピクロロヒドリンゴム ブタジエンゴム ポリスルフィドゴム
(チオコールA系)
高シス 低シス
比重 1.27〜1.36 1.01 0.89 1.55〜1.6
屈折率 * 1.498〜1.156 - 1.516 1.6〜1.7
比熱 J/(kg・K) - 1960〜1970 - 1300
熱伝導率 W/(m・K) 0.130 0.20 - 0.301
結晶化最適温度 - -52〜-57 - -
線膨張係数
10-4/℃
>Tg - 2.45 2.37 2.2〜2.3
<Tg - 0.52 1.0 -
ガラス転移点Tg -41〜0 -110〜-95 〜-90 -60〜-40
*