パッキン、テフロン、Oリング、フッ素樹脂、オイルシール、ゴムのパッキンランド

ウレタンゴム(AU,EU)

ウレタンゴムは、組成的には、非常に多くの種類がありますが、大別して、主鎖がエステル結合のポリエステルウレタンゴム(AU)と、エーテル結合のポリエーテルウレタンゴム(EU)があります。一般的には、その分子構造で分類するよりは、加工、成形方法によって分類されています。液状の原料を使用する注型タイプ、一般のゴムと同じ加工方法を用いる混練(ミラブル)タイプ、熱可塑性樹脂(熱可塑性プラスチック)と同じ加工方法を用いる熱可塑性タイプ(熱可塑性エラストマー,TPU)の3種類です。ウレタンゴムの特徴は、機械的強度、耐磨耗性が、他のゴムに比べて、格段に優れていることです。そして、かたさの高い割に弾性がよいこと、二トリルゴム程度の耐油性をもっています。また、ポリエステル系(AU)は、耐油性がよいですが、耐加水分解性が悪く、ポリエーテル系(EU)は、耐寒性は優れますが、耐油性は劣ります。一般に、ウレタンゴムは、その構造上、耐熱性、耐水性、耐湿性は低いため、使用には注意が必要です。

ウレタンゴム(AU,EU)の商品名、メーカー

商品名

1.ノックスラン2.アイアンラバー 3.タフレタン 4.エラストラン 5.アイアンセルバー

メーカー

1.日本メクトロン 2,5 NOK 3.バルカー 4.日本エラストラン


[お問合せ/お見積はこちら] ▲TOPへ

[戻る]