パッキン、テフロン、Oリング、フッ素樹脂、オイルシール、ゴムのパッキンランド

ブチルゴム(IIR)

ブチルゴムは、イソブチルとイソプレンの共重合体です。耐熱、耐寒、耐候性に優れ、リン酸エステル系の油、水、薬品にも良好な耐性をもっています。しかし、鉱油系の油に対しては、耐性がなく、金属との接着性に劣り、圧縮永久ひずみが悪いため、シール材料としては、あまり使用されない傾向にあります。逆に、ガスの透過性が低く、電気特性が良いため、タイヤのインナーチューブや電線被覆などでは、使用されることが多くなっています。

ブチルゴム(IIR)の商品名、メーカー

商品名

1.JSR ブチル(JSR Butyl) 2.Exxon Butyl 3.Esso Butyl 4.Polysar Butyl 他

メーカー

1.日本ブチル/JSR 2.Exxon 3.Esso 4.Polysar 他


参考 ハロゲン化ブチルゴム(X-IIR)

ハロゲン化ブチルゴムには、塩素化ブチルゴム(CIIR)と臭素化ブチルゴム(BIIR)の2種類があります。これらは、金属や他のゴムとの接着性の改善を目的として開発されました。どちらもブチルゴムの特性である気体不透過性、耐オゾン性、耐老化性、電気的性質、耐化学薬品性などを保持するとともに、ブチルゴムに比較して耐熱性と金属との接着性が良くなっています。

[お問合せ/お見積はこちら] ▲TOPへ

[戻る]