パッキン、テフロン、Oリング、フッ素樹脂、オイルシール、ゴムのパッキンランド

熱可塑性エラストマー(TPE)

その他のゴムはこちら↓

熱可塑性エラストマー(TPE,Thermoplastic Elastomers)は、常温では、ゴムの特色を持っていますが、高温では、その名のとおり、熱可塑性プラスチックと同様、軟化して圧縮、押し出し、射出などプラスチック加工機で、容易に成形することが可能です。架橋が不必要で、成形サイクルが短く、他のエラストマー(ゴム)では、ほとんど出来ないリサイクルが可能なため、近年よりの風潮である資源の再利用化と一致し、需要が伸びている材料です。種類は多岐にわたりスチレン系(SBC)、オレフィン系(TPO)、塩ビ系(TPVC)、ウレタン系(PU)、エステル系(TPEE)、アミド系(TPAE)など、各製造メーカーが、それぞれの商品名で製造しています。ただし、構造上、熱可塑性プラスチックの要素をもっているため、一般の架橋ゴムと比較して、ゴムらしさが不足気味で、永久ひずみが大きく、温度上昇による物性の低下が急激に進み、高温化では、塑性変形を起こしてしまいます。熱可塑性エラストマー(TPE)を利用する場合は、各製品の特徴を十分よく把握した上で使用することが大切です。


ゴムとエラストマーの関係

[お問合せ/お見積はこちら] ▲TOPへ

[戻る]