パッキン、テフロン、Oリング、フッ素樹脂、オイルシール、ゴムのパッキンランド

アクリルゴム(ACM)

アクリルゴムは、シリコーンゴム、フッ素ゴムに次ぐ耐熱性と、フッ素ゴム、ニトリルゴム、ヒドリンゴムに次ぐ耐油性をもち、特に高温化での耐油性は、二トリルゴムやヒドリンゴムより優れています。このように耐熱性・耐油性が特に優れ、さらに比較的廉価でコストパフォーマンスにも優れているため、オイルシール、Oリング、ホース等の自動車用途部品を中心として需要が増えてきています。特に近年では自動車の高性能化・メンテナンスフリー化とともに、ゴム部品に対してこれまで以上の耐熱性と耐油性が要求される分野が増えつつあるため、アクリルゴムの需要量はさらに増加する傾向にあります。欠点は、水や一部のエステル系合成油に対しては、著しい膨潤を伴う軟化が生じることがあります。また、一般的に、アクリルゴムは、機械的強度、耐寒性、加工性が悪いですが、最近では、これらの問題点を改善されたグレードもでてきています。

アクリルゴム(ACM)の商品名、メーカー

商品名

1.ノックスタイト 2.JSR AR 3.ニポール AR 4.トアアクロン5.ハイカー4021(Hycar 4021) 6.キャナクリル(Cyanacryl)

メーカー

1.日本メクトロン 2.JSR 3.日本ゼオン 4.東亜ペイント 5.Bf Goodrich 6.American Cynamid


[お問合せ/お見積はこちら] ▲TOPへ

[戻る]