パッキン、テフロン、Oリング、フッ素樹脂、オイルシール、ゴムのパッキンランド

オイルシールの選定

さまざまな使用条件に最適なオイルシールを選定することが、オイルシールの正しい使用方法の最優先事項です。あらゆる選定要素から、十分に考慮して選定しなくてはなりません。また、このような製品は、必ず、できる限り同条件で、装着試験運転をし性能を確認してから選定することが求められます。

オイルシールの選定要素

オイルシールを選定する際には、様々な要素から選定し、尚且つ実証試験等でも確認することで最適なオイルシールを決めることができます。

選定要素

オイルシールを使用する機器の構造

オイルシールを使用する機器のシールする軸の作動は?

使用条件 対応するシール形式
軸の作動 軸回転(内径摺動) 標準シール
ハウジング回転(外径摺動) 外周シール
往復動 ロッドシール

軸について詳細

オイルシールの種類と特長のページ

軸端からのオイルシール装着

オイルシールを軸端から装着することが可能?

使用条件 対応するシール形式
軸端からの装着 軸端からの装着可 一般のシール
軸端からの装着不可 切断シール(金属環なし)

オイルシールの種類と特長のページ

ハウジングの材料、形状、面精度

ハウジングの材料、形状、面精度は?

使用条件 対応するシール形式
ハウジング 材料 軽金属や樹脂のような
熱膨張の大きいものや
傷がつきやすい材料
外周ゴム
熱膨張や傷の
恐れがない
外周金属/外周ゴム
形状  一体形 ハウジング材料の制約がなければ、外周金属/外周ゴム
二つ割り形 外周ゴム
はめあい面
(Rmax,μm) 
6.3以下 外周金属
6.3を超え12.5以下 外周金属/外周ゴム
12.5を超え25以下 いずれも不可どちらかと言えば外周ゴム

ハウジングについて詳細

オイルシールの種類と特長のページ

密封対象物

オイルシールの密封対象物は?

使用条件 対応するシール形式
密封対象物 グリース又は高粘度油 回転速度・圧力の制約がなければ、ばね無し又は、金属環無し
油・水などの液体 ばね入り
密封対象物の化学的性質 ゴム材料の選定が必要
密封対象物と
リップを隔てた
反対側(大気側)
の条件
ダストなし ダストリップなし
軽微のダスト雰囲気 ダストリップ付
泥水などで浸漬 泥水シール(特殊)
2液分離 ダブルリップシール(特殊)

オイルシールの種類と特長のページ

使用圧力

オイルシールが使用される流体の圧力は?

使用条件 対応するシール形式
圧力 大気圧 回転速度・密封対象物の制約がなければ、ばねなし
29.4kPa(0.3kgf/cu)以下 ばね入り
29.4kPa(0.3kgf/cu)を超え 耐圧シール(特殊)

オイルシールの種類と特長のページ

使用温度

オイルシールを使用する環境の温度は?

使用条件 対応するシール形式
温度 使用上の最高/最低温度  ゴム材料による
リップ温度上昇の目安

オイルシールの材料

オイルシールの種類と特長のページ

回転速度

回転速度は?

使用条件 対応するシール形式
回転速度(周速) 5m/s未満  圧力、密封対象物の制約がなければ、金属環なしでも可
5m/s以上 7m/s未満  圧力、密封対象物の制約がなければ、ばね無しでも可
7m/s以上 ばね入り

周速について

オイルシールの種類と特長のページ

オイルシールの取り付け偏心、軸偏心

取り付け偏心、軸偏心は?

使用条件 対応するシール形式
軸偏心/取り付け偏心 軸偏心0.1mmTIR未満、取り付け偏心0.1未満  圧力、密封対象物・回転速度などの制約がなければ、ばねなしでも可
軸偏心0.1mmTIR以上、取り付け偏心0.1以上  ばね入り

偏心について

オイルシールの種類と特長のページ