パッキン、テフロン、Oリング、フッ素樹脂、オイルシール、ゴムのパッキンランド

オイルシール装着部の軸について

オイルシール装着部の軸

材質

機械設計上使用される機械構造用炭素鋼、又は、低合金鋼などのほかに、鋳鉄、樹脂などが使用されています。ただし、鋳鉄は、軸表面にピンホールがつきやすく、それがもとでオイルシールのリップを劣化させる原因となり、樹脂についても、適正な軸の硬さや粗さを確保しにくく、さらに熱伝導係数が小さく放熱が悪いといった問題点がありますので、鋳鉄と樹脂は使用上の注意が必要となります。また、セラミックス軸が化学装置に使用されることがありますが、表面の特有の粗さが、リップの摩耗を促進させることがありますので使用はしないほうが良いとされています。

硬さ

オイルシールのリップが接触する軸の表面は、一般にHRC30以上の硬さ(特殊な場合を除く)が推奨されます。それは、@軸表面に打ちキズが付きにくい。Aオイルシールに適した表面粗さが、加工上、容易に得られやすい。B軸に変形が生じにくい。などの理由によります。リップが樹脂(フッ素樹脂など)の場合は、HRC40〜50の硬さの軸では、摩耗させてしまいます。HRC50〜60程度の硬さが必要です。

表面仕上げ

オイルシールのリップが接触する軸の表面の粗さは、大きすぎても小さすぎても漏れや摩耗の要因になります。表面は、きずや機械加工のリードなどなきように、一般には送りをかけない、グラインダー仕上げが加工法としては適切です。軸の表面粗さは、Rmax0.8〜2.5μmかつRa0.2〜0.63a程度が必要です。ただし表面粗さがその範囲内にあっても軸の加工痕に方向性があると、漏れの原因になります。

軸の面取り

軸にオイルシールを挿入する場合、軸端が鋭い角がついているとオイルシールのリップを傷つけ漏れの原因になったり、その角にリップを引っ掛けばねが外れたりすることがありますので、軸端には適度な面取りを施す必要があります。

軸端の面取り(一般オイルシール取り付け部) 単位mm

軸径d 面取り
d-d1
軸径d 面取り
d-d1
を超え 以下 を超え 以下
- 10 1.5 240 300 11.0
10 20 2.0 300 400 12
20 30 2.5 400 500 12
30 40 3.0 500 630 14
40 50 3.5 630 800 14
50 70 4.0 800 1000 18
70 95 4.5 1000 1250 18
95 130 5.5 1250 1600 20
130 240 7.0 1600 2000 20