パッキン、テフロン、Oリング、フッ素樹脂、オイルシール、ゴムのパッキンランド

カルレッツ®医薬品・食品・飲料業界向け - 形状、寸法、サイズ

医薬品製造工程、食品製造工程、飲料製造工程向けのOリング、ガスケット、パッキン、カスタムパーツ
食品製造プロセス・飲料充填プロセス・医薬品製造プロセスに。

カルレッツ® はデュポン エラストマー社の商標です。

カルレッツ ヘルールガスケット、へルールパッキン(寸法表、サイズ表)

医薬品製造工程、食品製造工程、飲料製造工程向けカルレッツ6236パーツ、ヘルールパッキン

ヘルールガスケット、パッキン ガスケット断面図
呼び寸法 カルレッツ パーツ番号 寸法(mm)
A B
8A FRG8A 11.4 34.0
10A FRG10A 15.0 34.0
15A FRG15A 18.8 34.0
1.0S FRG1.0S 23.2 50.5
1.25S(25A) FRG1.25S 28.4 50.5
1.5S FRG1.5S 35.9 50.5
2.0S FRG2.0S 48.0 64.0
2.5S FRG2.5S 59.7 77.5
3.0S FRG3.0S 72.5 91.0
3.5S FRG3.5S 85.2 105.0
4.0S FRG4.0S 97.8 119.0
4.5S FRG4.5S 108.5 130.0
5.5S FRG5.5S 134.0 155.0
6.5S FRG6.5S 159.4 183.0
200A FRG200A 208.5 233.5

カルレッツ L型ガスケット、L型パッキン(寸法表、サイズ表)

医薬品製造工程、食品製造工程、飲料製造工程向けカルレッツ6236パーツ、L型パッキン

L型パッキン パッキン断面図
呼び寸法 カルレッツ パーツ番号 寸法(mm)
A B
1.0S L Gasket1.0S 23.2 32.5
1.5S L Gasket1.5S 45.9 46.0
2.0S L Gasket2.0S 48.0 59.5
2.5S L Gasket2.5S 59.7 73.2
3.0S L Gasket3.0S 72.5 86.5
3.5S L Gasket3.5S 85.3 99.5
4.0S L Gasket4.0S 97.8 112.5

金属アウターリング付きカルレッツヘルールガスケット形状・寸法表

ガスケットの内径側へはみ出しを嫌うプロセス、ガスケットの破損を防止、締め付けトルクの管理不要、医薬品製造工程、食品製造工程、飲料製造工程向け金属アウターリング付きカルレッツヘルールガスケット形状・寸法表・サイズ表

小径8A,10A,15Aはスチーム処理プロセス専用となります。スチーム処理を実施されない配管には金属リングの無いカルレッツ6236を使用して下さい。

金属付へルールパッキン パッキン断面図
呼び寸法 カルレッツ パーツ番号 寸法/mm
外径 C寸法 内径
8A FRG8AM 34 27.5 13.7
10A FRG10AM 34 27.5 15.7
15A FRG15AM 34 27.5 19.2
呼び寸法 カルレッツ パーツ番号 寸法/mm
外径 C寸法 内径
1.0S FRG1SM 50.5 43.5 23.2
1.5S FRG1.5SM 50.5 43.5 35.9
2.0S FRG2SM 64 56.5 48
2.5S FRG2.5SM 77.5 70.5 59.7
3.0S FRG3SM 91 83.5 72.5
4.0S FRG4SM 119 110 97.8
5.5S FRG5.5SM 155 146 134
6.5S FRG6.5SM 183 174 159.4

カルレッツ カスタムパーツ(特殊形状)

カスタムパッキン、ガスケット

チューブや各装置メーカー固有の各種パッキン、ガスケット(充填機ノズルパッキン、シートガスケット、瓶口(ビングチ)パッキン、特殊形状ガスケット)など様々な形状に対応できます。

 

カルレッツ6236ヘルールガスケットの推奨の使用方法

カルレッツ6236ヘルールガスケット・ヘルールパッキンの推奨の使用方法

ガスケット サイズ クランプ 種類 推奨締付け トルク ガスケット サイズ クランプ 種類 推奨締付け トルク
8A, 10A 2K 2N・m 8A, 10A ボルト 2-3N・m
15A 2K 2N・m 15A ボルト 2N・m
1.0-2.0S 3K 1N・m 1.0-2.0S ボルト 1N・m
3.0S 3K 1-2N・m 3.0S ボルト 1-2N・m
4.0S 3K 2-3N・m 4.0S ボルト 2-3N・m
5.5S 3K 4-5N・m 5.5S ボルト 4-5N・m
6.5S 3K 4-5N・m 6.5S ボルト 5-6N・m

*)締付け方法:プラスチックハンマーなどでクランプを均等にたたきながら締付ける。4-5回繰り返すことを推奨。
*)3.0Sサイズまでは手締め(2K,3K)クランプでも十分に均一な締め付けが可能である。
*)4.0S以上のサイズでは手締めクランプでは締め付けが偏りやすいため、ボルトクランプの使用を推奨。
*)増し締めは基本的に必要ないが、常温でクランプが緩んでいる場合にのみ軽く締め直す程度に留める。
高温使用時にクランプが緩んでいる場合は、配管の伸びの影響が大きいと考えられるため、金属付きガスケットへの変更が推奨。

 

カルレッツ製品の使用および廃棄に関して、上記の情報は何ら保証をなすものではありません。また責を負うものではありません。使用に際しては,個々の用途に対して,使用の前に,独自に機能テストを行なうようにおすすめします。エラストマー製の部品は,どれをとっても永久に使用できるものではありません。したがってカルレッツ製の部品といえども重大な応用分野で使用する場合は,定期的な点検と交換を忘れないよう,十分にお気をつけください。

[前頁へ戻る]