パッキン、テフロン、Oリング、フッ素樹脂、オイルシール、ゴムのパッキンランド

エチレン・プロピレンゴム(EPM,EPDM)

エチレン・プロピレンゴムは、エチレンとプロピレンの共重合体であるEPM(=EPR)と、さらに少量の第3成分を含む三元重合体のEPDM(=EPT)の2種類があります。一般にEPMは、過酸化物架橋材などにより、工業用ゴム製品に用いられてはいますが、現在では、ポリフロピレンなど汎用樹脂に、添加することにより、耐衝撃性改質材として樹脂ブレンド用に多量に用いられています。自動車用バンパーなどがあります。一方、EPDMは、非共役ジエンモノマーである第3成分を共重合することで硫黄架橋(加硫)が可能で、工業的に広く使用されています。これらのEPMおよびEPDMの特徴の多くは、同じく非ジエン系非極性ゴムであるブチルゴム(IIR)に類似しています。耐オゾン性、耐熱老化性はブチルゴム(IIR)よりも若干優れており、耐候性、耐寒性、耐極性、溶剤性、耐無機薬品性にもすぐれ、されにブチルゴム(IIR)にくらべてはるかに反発弾性がよいので、自動車用ゴム製品、工業用ゴム製品、建築用ゴム製品など、その用途は、かなり広く、電気的性能に関してもブチルゴム(IIR)より優れていますので、高圧ゴム電線や高圧ゴムケーブルなどにも使用されています。現在では、SBR、BRに次ぐ生産量を誇る合成ゴムとなっています。また、比重が、市販されているゴムの中で最も小さいのも特徴の1つです。ただし、一般の鉱油には、全く耐性がありません。グレードによっては、耐スチーム性が非常によいものもあり、耐熱性のよいふっ素ゴム(FKM)、シリコーンゴム(VMQ)がスチーム中では、劣化が早いのと対照的で相当の高温まで使用可能なものまであります。

EPDMと水道水

エチレン・プロピレンゴム(EPM,EPDM)の商品名、メーカー

商品名

1.ノーデル(Nordel) 2.JSR EP 3.エスプレン(Esprene) 4.ブナ AP(Buna AP) 5.三井-EPT 6.Vistalon 7.Royalene

メーカー

1.DuPont Performance Elastomers 2.JSR 3.住友化学工業 4.バイエル(Bayer Buna GmbH) 5.三井化学 6.Societe du Caoutchouc Butyl 7.Uniroyal Chemical


[お問合せ/お見積はこちら] ▲TOPへ

[戻る]