パッキン、テフロン、Oリング、フッ素樹脂、オイルシール、ゴムのパッキンランド

シールパッキンの種類

シールは、密封装置とも呼ばれ、非常に多くの種類が開発され、市場に存在しています

シール(密封装置)の分類

パッキンとガスケットの違い、シール製品の分類

シール、パッキン、ガスケットの分類

シール(パッキン・ガスケット)の種類 参考JIS B0116

Oリングなどの接触形シールはガスケットとして用いられることもあります。
Oリングは回転や往復運動などのような運動部分の密封に用いられるパッキン(Packing、運動用シール)だけでなく配管用フランジなどのように、静止部分の密封に用いられるガスケット(Gasket、固定用シール)としても使用されます。
*JIS B2401 P番(Packing/パッキン),G番(Gasket/ガスケット),V番(Vacuum/バキューム)

パッキン用語(参考 JIS B0116)はこちら


ガスケットの種類 参考JIS B0116

パッキン用語(参考 JIS B0116)はこちら


(参考)各シールパッキンメーカー製品の種類と特徴

各シールパッキンメーカーから市販されているパッキンの種類と特徴など

NOK

NOK - パッキンの種類


阪上製作所

阪上製作所 - パッキンの種類


日本バルカー工業

日本バルカー工業 - パッキンの種類と特長


三菱電線工業

三菱電線工業 - パッキンの種類


エコノモス

エコノモス - 機械加工パッキン形状、シール形状