パッキン、テフロン、Oリング、フッ素樹脂、オイルシール、ゴムのパッキンランド

テフロンベルト、フッ素樹脂ベルト

ファブリック等を基材とし、ベルト状にエンドレス加工したテフロンベルト・フッ素樹脂ベルトです。テフロン(フッ素樹脂・PTFE)が持つ、耐熱性、非粘着性等の特性を活かし、幅広い分野の製造工程で使用されています。豊富なべルト基材から、様々なニーズに合わせたベルトがあります。


主な用途

食品製造/プラスチックフィルム製造/ゴム製品の製造/セラミックス製品の製造/ヒートシール工程/接着剤塗布工程/UV乾燥工程/食品の解凍工程/蒸気釜用コンベアベルト/温水処理用コンベアベルト/その他

耐熱性
樹脂コンベアベルトの中では最高レベルの耐熱性を有しています。極低温でもその特性を維持しますので、広い温度範囲での使用が可能です。

非粘着性
フッ素樹脂(PTFE)はプラスチックの中では最高の非粘着性を有しています。したがって粘着物の搬送など、離型性を必要とするラインに最適です。

寸法安定性
機械的特性に優れたガラスクロスやアラミドクロスを芯材に使用していますので、高温域でも高い寸法安定性を有しています。

多彩なテフロンベルト接合方法
テフロンベルトの接合方法は、製品の歩留や精度、またベルト自体の寿命を考えた時、重要なポイントのひとつです。多様な接合(エンドレス加工)方法で対応できます。


テフロンベルト・フッ素樹脂ベルトの加工・接合方法・設計はこちら

メーカーと商品名

中興化成工業


連続使用温度
●Gタイプ……-180〜260℃
●Aタイプ……-160〜200℃
●Nタイプ……-160〜200℃
●Rタイプ……-20〜120℃

Gタイプ - フッ素樹脂テフロンコーティング・ガラスクロス - テフロンベルト

BGFシリーズ

ガラスクロスにフッ素樹脂(PTFE)をコーティングしたGタイプファブリックを基材にしたテフロンベルトです。ふっ素樹脂ベルトのなかでは、最も広い用途に使用されているスタンダードタイプです。
使用可能温度:-100〜260℃
(使用条件により異なります)


BGB・BGCシリーズ

(静電防止タイプ)
独自の方法で静電防止処理を施したテフロンベルトです。静電気の影響を嫌う搬送工程に効果的です。色調はブラック(BGB)とグレー(BGC)の2種類があります。


Gタイプシームレスベルト

独自の方法で製造した接合部が全くないテフロンベルトです。わずかなべルト接合部の段差も許されない高度な使用条件に適しています。
Gタイプベルト一般寸法表
Gタイプシームレスベルト一般寸法表


材料構成

A・Nタイプ - フッ素樹脂テフロンコーティング・アラミドクロス - テフロンベルト

BAFシリーズ

アラミドクロスにフッ素樹脂(PTFE)をコーティングしたAタイプファブリックを基材にしたテフロンベルトです。Gタイプに比べ、耐屈曲疲労特性、耐水蒸気性に優れています。
●使用可能温度:-100〜200℃
(使用条件により異なります)
Aタイプベルト一般寸法表


材料構成

BNPシリーズ

アラミドクロスにフッ素樹脂(PTFE)をコーティングしたNタイプファブリックを基材にしたテフロンベルトです。Aタイプに比べ、さらに耐屈曲疲労特性優れ、小プーリー径での使用が可能です。
●使用可能温度:-100〜200℃
(使用条件により異なります)
Nタイプベルト一般寸法表


材料構成

Rタイプ - フッ素樹脂テフロンフイルム+ゴム基材など - テフロンベルト

ゴムベルトの強度、柔軟性にフッ素樹脂(PTFE・PFA)の特性を付与したユニークなテフロンベルトです。用途、使用条件に合わせて、色調、組材構成等、豊富なバリエーションから選定できます。

BRPシリーズ

ゴムベルトの表面に透明度の高いPFAフィルムを加硫接着したベルトです。BRTシリーズに比べ、液体、ガスなどの耐浸透性に優れています。
●使用可能温度:-20〜120℃
(使用条件により異なります)


BRTシリーズ

ゴムベルトの表面にふっ素樹脂PTFEフィルムを加硫接着したベルトです。基本的特性はBRPと同様です。
●使用可能温度:-20〜120℃
(使用条件により異なります)


BRGシリーズ

ゴムベルトの表面にGタイプファブリックを加硫接着したベルトです。BRP、BRTに比べ寸法安定性に優れています。
●使用可能温度:-20〜120℃
(使用条件により異なります)
Rタイプベルト一般寸法表


材料構成
ラフトップ加工
BRP、BRTシリーズは要求に応じてテフロン(PTFE)ベルト表面の凹凸(ラフトップ)加工も可能です。傾斜搬送ラインの使用に効果的です。