パッキン、テフロン、Oリング、フッ素樹脂、オイルシール、ゴムのパッキンランド

Oリングの製造方法(押出し丸紐を使用する方法)

Oリングの製造方法 押し出し丸紐を使用する方法 接着、加硫接着

押出し丸紐を使用する方法

Oリングの製造で押し出し丸紐を使用する方法の図

1.生ゴムを押し出し機に投入する。

2,3,4,5.押し出し機の中で生ゴムが混練され、押し出されて製品形状の口金を通し、(ところてんを押し出すように)連続加硫されて(生押し出しの時は半生状態で)、冷却される。

6.冷却された紐状の押し出しゴムを適当な長さに切断するか、長尺物は巻き取り機などで巻き取る。


完成した押し出し丸紐を所定の長さに切り、その両端を専用の接着剤などでつなげてエンドレス状のOリングを作成する。
半生状の押し出し丸紐は、両端をつなげやすいように薬品などで処理をし、エンドレス状につなげて加硫缶に入れて(オーブンに入れるように)加硫製品Oリングを作成する。


[お問合せ/お見積はこちら] ▲TOPへ