パッキン、テフロン、Oリング、フッ素樹脂、オイルシール、ゴムのパッキンランド

ゴムの耐油性

 ゴムの耐油性は、配合や加硫状態(架橋密度)にも関係しますが、基本的には、原材料のゴムに関係します。耐油性は、ゴムがその油に対しての膨潤や、収縮の度合いそしてゴム強度の低下などによって判断されます。また、ゴムが膨潤すると言うことは、ゴムの分子間に油が入り込む現象で、油がゴムと混ざりやすければ膨潤し、混ざり難ければ膨潤し難いという事になります。そこで極性の異なる物質は、お互いに混ざりにくいという事から、ゴムの極性を表すSP値(溶解度パラメーター)を用いて、膨潤性を推測します。ガソリンや潤滑油など鉱物油は、非極性油で、ブレーキオイルなどは、極性油です。代表的耐油性ゴムであるNBRは、極性があるので、鉱物油には、耐性を示しますが、ブレーキオイルなどには、膨潤します。このような場合は、極性の小さいSBRのようなゴムが使用されます。ただしSP値は、例外も多く、例えば、フッ素ゴムのようにSP値が小さくても耐油性が大きいことなどあり、実際にゴム製品を使用する場合は、一つの目安程度と考えるほうが良いでしょう。実用試験などで検証した上で、ゴム製品を使用するのが安全です。


[お問合せ/お見積はこちら] ▲TOPへ

ポリマー,ゴムと溶剤のSP値

ゴム、樹脂、ポリマー、SP値

ポリマー 溶剤
テフロン、フッ素樹脂(PTFE) 6.2 n−ペンタン 7.0
フッ素ゴム(FKM,FPM) 7.3 ガソリン 7.0
シリコーンゴム(MQ) 7.3〜7.6 n−ヘキサン 7.3
ポリイソブチレン 7.1〜8.3 ジエチルエーテル 7.4
ブチルゴム(IIR) 7.7〜8.1 n−オクタン 7.6
エチレンプロピレンゴム(EPM) 8.0 塩化ビニルモノマー 7.8
ポリエチレン 7.7〜8.4 シクロヘキサン 8.2
クロロスルホン化ポリエチレン(CSM) 8.1〜9.8 酢酸イソブチル 8.3
天然ゴム(NR) 7.9〜8.4 酢酸イソプロピル 8.4
イソプレンゴム(IR) 8.13 メチルイソプロピルケトン 8.5
ブタジエンゴム(BR) 8.1〜8.6 酢酸ブチル 8.5
スチレンブタジエンゴム(SBR)
(ブタジエン/スチレン)
四塩化炭素 8.6
メチルプロピルケトン 8.7
SBR(85/15) 8.4〜8.6 エチルベンゼン 8.8
SBR(75/25) 8.1〜8.6 キシレン 8.8
SBR(60/40) 8.6〜8.7 トルエン 8.9
ポリスチレン 8.5〜10.3 酢酸エチル 9.1
石油炭化水素樹脂 8.3 テトラヒドロフラン 9.1
クロロプレンゴム(CR) 8.1〜9.4 ベンゼン 9.2
ニトリルゴム(NBR)
(ブタジエン/アクリロニトリル)
トリクロロエチル 9.2
メチルエチルケトン 9.3
低NBR(82/18) 8.7〜8.8 クロロホルム 9.3
中NBR(75/25) 8.9〜9.5 塩化メチレン 9.7
中〜中高NBR(70/30) 9.4〜9.9 アセトン 9.9
高NBR(61/39) 10.3〜10.5 二硫化炭素 10.0
ポリメタクリル酸メチル 9.1〜9.5 酢酸 10.1
多硫化ゴム(T) 9.0〜9.4 ピリジン 10.7
塩化ゴム 9.4 n−ヘキサノール 10.7
ポリ酢酸ビニル 9.4〜9.6 シクロヘキサノール 11.4
アクリルゴム(ACM) 9.5 n−ブタノール 11.4
ポリ塩化ビニル(PVC) 9.4〜10.8 イソプロピルアルコール 11.5
ウレタンゴム(U) 10.0 ジメチルホルムアミド 12.0
ポリエチレンテレフタレート(PET) 10.7 ニトロメタン 12.7
エポキシ樹脂 10.9 エタノール 12.7
フェノール樹脂 11.3 メタノール 14.5
ポリ塩化ビニリデン 12.2 エチレングリコール 14.6
ポリビニルアルコール 12.6 グリセロール 16.5
ポリアミド(66−ナイロン) 13.6 ホルムアミド 19.2
セルロース 15.7 23.4

[お問合せ/お見積はこちら] ▲TOPへ