パッキン、テフロン、Oリング、フッ素樹脂、オイルシール、ゴムのパッキンランド

テフロン熱収縮チューブ、フッ素樹脂熱収縮チューブ

ロールカバーに最適で、あらゆる耐性に優れたテフロン(フッ素樹脂)各種で出来たテフロン熱収縮チューブ、フッ素樹脂熱収縮チューブです。加熱収縮させることにより、テフロン・フッ素樹脂の持つ優れた諸特性を付与することができます。
耐薬品性、非接着性に優れていますので腐食したり、固着物質が堆積しないためロールが汚れにくくロールの寿命が延長されます。またステンレスやブロンズなどの高価なロールを使用する必要がなく、軟鋼やアルミのロールに収縮チューブのカバーをするだけで十分使用できます。
カバーすることが比較的容易ですので、作業が長時間中断されることなく、表面劣化の為のスペアロールを特に必要としません。
非粘着性、耐薬品性が優れていますので、顔料、糊、ラテックス系接着剤など、粘着性物質のビルドアップ操作が容易になり、織物の染色仕上げ工場や、製紙工場、印刷工場、ワックス工場などで、よく使用されています。
テフロン熱収縮チューブで被覆するとプロセスロールの洗浄時間は、普通使用されているロールに比べ大幅に短縮されます。

テフロン熱収縮チューブ、フッ素樹脂熱収縮チューブ

■ OA機器(複写機・プリンターなど) ■製紙・紙加工関連(抄紙機・粘着テープ製造機など) ■フィルム・シート加工機(ラミネーター・磁気テープなど) ■繊維・染色関連(染色機・樹脂加工機など) ■印刷機(高速オフ輪・ビジネスフォームの印刷など) ■絶縁保護(各種ケーブル配線の結束など) ■産業機械(プリント基板搬送・半導体関連など)

[お問合せ/お見積はこちら] ▲TOPへ

テフロン熱収縮チューブの特長、用途例

フッ素樹脂、テフロンの優れた特性をもった熱収縮チューブは、様々な用途で使用できます。

特徴

非粘着性
PTFE、PFA、FEPの表面はテフロン・フッ素樹脂特有の非粘着性を有し、塗料、接着剤、澱粉、その他の粘着性物質が付着しにくくなっています。
耐薬品性
アルカリ金属、高温におけるフッ素および塩素などを除いて、ほとんどの薬品、溶剤類に使用できます。
耐寒性・耐熱性
高温下、低温下での連続使用に耐え機械的強度は十分に保持されます。ただし100℃以上の高温部や熱収縮チューブに強い圧力がかかるような場所での使用はズレやシワが生じる可能性があります。
低い透過率
PFA・FEPによるフィルム(被覆)は、ピンホールのない非透過性のフィルムで酸・アルカリ溶剤及び水蒸気の透過性は非常に低く、耐薬品性、耐蝕性の要求される分野に最適な収縮チューブです。
電気的特性
広範囲の温度、周波数に関係なく誘電率、誘電正接は低く、ほとんど変化はありません。
広範囲な材質のロールに
軟鋼、アルミ、硬質ゴム、木、樹脂などほとんどの材質のロールに使用できます。

用途例

テフロン熱収縮チューブの用途例ですが、これらに限らず様々な用途で活躍の可能性が広がります。
染色レンジのプロセスロール
顔料の堆積が減り、洗浄時間を短縮、色の交換が早くできます。
スラッシングラインロール
糊の堆積が減り耐久性のある非粘着性をもったローラーになります。
顔料、染色工程のリードインロール及び乾燥ロール
洗浄時間を短縮することが出来ます。
紙製造及び加工
次の場所の搬送ローラーに
コーチロールと最初のプレス部分の間で、紙がプレスフェルトの達する前。
2つのプレス部分の間で紙が最初のプレスフェルトを離れ次のプレスフェルトに達する前。
最後のプレスのあとで、紙がフェルトを離れ、乾燥工程、または最初の乾燥ドラムに入る前。
サイズプレスかコーティング部分の後で紙が乾燥工程もしくは最初の乾燥ドラムに達する前。
ある機械の場合には最初の数本の乾燥ドラム間のキャリングローラーに使用。
上記応用は、すべて糊などの堆積を減じ、洗浄を容易にします。
印刷業界
オフセット機のインキングロール、フォームとバイブレーターを除く各インクトランスファーロール。
オフセット輪転機の伝達ロールおよび方向転換ロールに熱収縮チューブを被せると摩擦紙いたみを減少させます。
新聞輪転機のインクデストリビューターおよびキャリーローラー。
グラビヤ機の乾燥炉内外のキャリーロール。
その他の応用
プラスチックの押出し、加工、コーティング、ラミネートなど。
原理的には、ロールに粘着性物質の堆積が生じ、これが常に時間及び経費の損失となるようなところ。

各種熱収縮チューブ(PFA、FEP、PTFE)選定、取り付け方、収縮温度

PFA熱収縮チューブ及びFEP熱収縮チューブの呼び番号15番までの小口径(下記寸法サイズ表参照)は、ロールカバーやコネクター、ターミナル等電気部品、電線、電信ケーブル・光ファイバー・パワーケーブル・温度センサーなどの用途に使用され、呼び番号17番より大きな熱収縮チューブは主にロールカバーに使用されます。

ロールカバーに使用される場合、出来る限りロールの直径に近い収縮前内径の熱収縮チューブを選定し、長さはロールの面長より長めに設定します。ロール端部を処理する際にロール径より小さく収縮させることが望ましいため、ロール面長より両端100mm程度長めのチューブを選定されることをおすすめします。

PFA、FEP熱収縮チューブの取り付け方法

収縮させるには、工業用ドライヤー(工業用ヒートガン)などを使用します。家庭用のヘアドライヤーなどは熱容量が足りないため使用は避けて下さい。

ロールを等速で回転させ、エアがみを防ぐために片側から進行方向と反対方向に熱風(チューブ表面温度150〜200℃)で収縮させます。

PFA,FEP熱収縮チューブの取り付け方

収縮チューブの取り付け1 収縮チューブの取り付け2
1.ロールを等速で回転させる  2.熱風ガンの向きは進行方向と逆向き
収縮チューブの取り付け3 収縮チューブの取り付け4
3.ロールを回転させながら必ず片側より収縮させる  4.両端部の耳をそろえて完了

収縮温度の目安

PFA,FEPの収縮温度の目安

テフロンPTFE熱収縮チューブの収縮 - 加工条件

テフロンPTFEタイプの熱収縮チューブは、PFAタイプのように簡単に熱風ガンなどではうまく収縮させることが出来ません。電気炉などの均一に熱をかけることのできる装置を使用します。

またテフロン(フッ素樹脂)製品をそれぞれの最高使用温度を超える、或いは超えなくても高温で加工する場合は、換気を十分に行い、分解ガスを吸引しないよう必要に応じて保護具を着用しなくてはなりません。

被覆加工温度

均一に340〜360℃位で収縮加工してください。不均一な加熱、長時間の過熱等は亀裂、その他の原因となります。

収縮率

径方向には最大で40〜50%収縮します。また、長さ方向には径方向とは逆に、完全に収縮させた場合では伸びがあります。

収縮温度と時間

テフロンPTFE熱収縮温度と時間

収縮時間は被覆物のサイズにも依りますが350℃で約10分前後で完全に被覆します。この場合、370℃以上の加熱は亀裂等が入る可能性がありますので避けなければなりません。目安としてチューブの色が半透明になったら加熱を止め、冷却します。  なお、冷却する場合、水冷するとチューブの透明度が増します。

テフロン®熱収縮チューブ(PTFE,PFA,FEP)の寸法、サイズ

被覆対象であるロール等をチューブに挿入し、加熱収縮させることにより、テフロン・フッ素樹脂の持つ優れた諸特性を付与することができます。

PFA熱収縮チューブ寸法表、サイズ表

テフロン熱収縮チューブ / フッ素樹脂熱収縮チューブ - PFAタイプ (長さ特注有)

製品番号 収縮前内径mm 最終収縮径mm 収縮後厚mm 標準長さm
PKF-200-1.5 1.8 1.4 0.2 1.0
PKF-200-2 2.2 1.8 0.2 1.0
PKF-200-2.5 3.0 2.4 0.2 1.0
PKF-200-3 3.5 3.0 0.2 1.0
PKF-200-4 4.0 3.5 0.2 1.0
PKF-200-5 5.2 4.2 0.2 1.0
PKF-200-6 6.0 5.4 0.2 1.0
PKF-200-7 7.1 6.3 0.2 1.0
PKF-200-9 9.5 7.5 0.3 1.0
PKF-200-10 11.0 9.2 0.3 1.0
PKF-200-12 12.9 10.7 0.3 1.0
PKF-200-15 16.0 13.0 0.4 1.0
製品番号 収縮前内径mm 最終収縮径mm 厚さmm 最大カット長m
PKF-200-17 19 16.5 0.5 1.2
PKF-200-20 21 18.5 0.5 1.2
PKF-200-22 24 19.5 0.5 1.2
PKF-200-25 26 21.5 0.5 1.2
PKF-200-27 30 24 0.5 1.2
PKF-200-30 33 27 0.5 1.2
PKF-200-35 36 28.5 0.5 1.2
PKF-200-40 43 35 0.5 1.2
PKF-200-50 51 40 0.5 1.2/1.8
PKF-200-55 57 49 0.5 1.2
PKF-200-60 63 50 0.5 1.2/1.8
PKF-200-65 67 54 0.5 1.8
PKF-200-70 71 61 0.5 1.8
PKF-200-75 75 61 0.5 1.8
PKF-200-80 81 64 0.5 1.8
PKF-200-85 91 74 0.5 1.8
PKF-200-95 98 82 0.5 1.8
PKF-200-100 106 85 0.5 1.8/3.6
PKF-200-105 109 86 0.5 1.8
PKF-200-115 117 96 0.5 1.8
PKF-200-125 127 106 0.5 1.8/3.6
PKF-200-130 136 107 0.5 1.8/3.6
PKF-200-140 144 125 0.5 1.8
PKF-200-150 154 125 0.5 1.8/3.6

FEP熱収縮チューブ寸法表、サイズ表

テフロン熱収縮チューブ / フッ素樹脂熱収縮チューブ - FEPタイプ (長さ特注有)

製品番号 収縮前内径mm 最終収縮径mm 収縮後厚mm 標準長さm
PKF-300-1.5 1.9 1.3 0.2 1.0
PKF-300-2 2.5 1.8 0.2 1.0
PKF-300-2.5 3.2 2.3 0.2 1.0
PKF-300-3 3.8 2.7 0.2 1.0
PKF-300-4 4.5 3.3 0.2 1.0
PKF-300-5 5.5 4.3 0.2 1.0
PKF-300-6 7.0 5.1 0.2 1.0
PKF-300-7 7.9 6.0 0.2 1.0
PKF-300-9 10.6 7.4 0.3 1.0
PKF-300-10 12.5 8.8 0.3 1.0
PKF-300-12 14.5 10.7 0.3 1.0
PKF-300-15 17.3 12.8 0.4 1.0
製品番号 適用ロール径mm 収縮前内径mm 最終収縮径mm 厚さmm 標準長さm
PKF-300-160 156〜160 163 131 0.5 3.6
PKF-300-170 161〜171 174 133 0.5 3.6
PKF-300-180 172〜187 190 163 0.5 4.0
PKF-300-200 188〜203 206 164 0.5 4.0
PKF-300-215 204〜217 220 166 0.5 4.0
PKF-300-230 218〜232 235 185 0.5 4.0
PKF-300-240 233〜246 249 187 0.5 4.0
PKF-300-250 247〜256 259 206 0.5 4.0
PKF-300-265 257〜274 278 245 0.5 4.0
PKF-300-280 275〜294 298 246 0.5 4.0
PKF-300-300 295〜310 316 247 0.5 4.0

PTFE熱収縮チューブ寸法表、サイズ表

テフロン熱収縮チューブ / フッ素樹脂熱収縮チューブ - PTFEタイプ

製品番号 収縮前内径mm 最終収縮径mm 収縮後厚mm 標準長さm
PKF-100-2 2.0 1.2 0.5 1.0
PKF-100-4 4.0 2.2 0.5 1.0
PKF-100-6 6.0 3.2 0.5 1.0
PKF-100-8 8.0 4.2 0.5 1.0
PKF-100-10 10.0 5.2 0.5 1.0
PKF-100-12 12.0 6.2 0.5 1.0
PKF-100-14 14.0 7.2 0.5 1.0
PKF-100-16 16.0 8.2 0.5 1.0
PKF-100-18 18.0 9.2 0.5 1.0
PKF-100-20 20.0 10.3 0.5 1.0
PKF-100-22 22.0 11.3 0.5 1.0
PKF-100-24 24.0 12.3 0.5 1.0
PKF-100-25 25.0 13.3 0.5 1.0
PKF-100-26 26.0 13.3 0.5 1.0
PKF-100-28 28.0 14.3 0.5 1.0
PKF-100-30 30.0 15.4 0.5 1.0

静電防止タイプ 導電性PFA熱収縮チューブ寸法表、サイズ表

静電防止特性を加えたテフロンPFA熱収縮チューブです。(黒色) 導電性PFA使用
テフロン熱収縮チューブ / フッ素樹脂熱収縮チューブ - PFA静電防止タイプ (長さ特注有)

製品番号 収縮前内径mm 収縮後内径mm 厚さmm 最大カット長m
PKF-200-30B 32 29 0.5 1.2
PKF-200-35B 36 33 0.5 1.2
PKF-200-40B 41 37 0.5 1.2
PKF-200-45B 51 43 0.5 1.2
PKF-200-50B 53 47 0.5 1.2/1.8
PKF-200-55B 59 51 0.5 1.2
PKF-200-60B 65 56 0.5 1.2/1.8
PKF-200-70B 74 62 0.5 1.8
PKF-200-75B 79 70 0.5 1.8
PKF-200-80B 84 75 0.5 1.8
PKF-200-85B 89 76 0.5 1.8
PKF-200-90B 94 83 0.5 1.8
PKF-200-100B 103 92 0.5 1.8
PKF-200-100AB 106 93 0.5 3.6
PKF-200-105B 108 94 0.5 1.8
PKF-200-110B 113 100 0.5 1.8
PKF-200-120B 122 107 0.5 1.8
PKF-200-123B 127 115 0.5 3.6
PKF-200-125B 132 117 0.5 1.8/3.6
PKF-200-135B 141 125 0.5 1.8
PKF-200-145B 150 129 0.5 1.8
PKF-200-150B 156 138 0.5 1.8/3.6