パッキン、テフロン、Oリング、フッ素樹脂、オイルシール、ゴムのパッキンランド

ゴムに関連する量記号、試験・検査用語

用語、量記号の一覧、英語、用語について。

ゴムの試験等で使用される記号、量記号

引張強さ等、ゴム試験、ゴム技術に関連する主な量記号、用語一覧表。

量記号 SI単位 英語
引張強さ、量記号TS引張強さ、量記号 引張強さ Pa tensile strength (at break)
伸び、量記号Eb引っ張り強さ、量記号 破断伸び   elongation at break
引張モジュラス、量記号 引張応力 nは伸びの%
(引張モジュラス)
Pa tensile stress
(tensile modulus)
ヤング率、量記号 ヤング率 Pa Young's modulus
longitudinal (elastic) modulus
低伸長応力、量記号 低変形伸長応力 Pa tensile low elongation
永久伸び、量記号 永久伸び   (Permanent) tension set
permanent elongation
HA硬さ、量記号HD硬さ
HE硬さHAM硬さ
硬さ
(HS:スプリング硬さ)
  hardness
(hardness,spring type)
TR引裂き強さ、量記号 引裂強さ   tear strength
tear resistance
CS圧縮永久歪率、量記号 圧縮永久ひずみ   compression set
TA接着強さ、量記号(金属-ゴム、接着)
TS接着強さ、量記号(金属-ゴム、剥離)
TF接着強さ、量記号(布-ゴム)
接着強さ N/mm adhensive strength
R反ぱつ弾性、量記号 反発弾性   rebound resilience
AR加熱老化試験 熱老化試験
残留率
  heat aging,retension
AC加熱老化試験、量記号 熱老化試験
変化率
  heat aging,change
SR膨潤試験、浸漬試験、量記号 浸漬試験、膨潤試験
残留率
  swelling,retention
SC膨潤試験、浸漬試験、量記号 浸漬試験、膨潤試験
変化率
  swelling,change
Tbぜい化温度、ぜい化点、量記号 脆化温度
(脆化点)
K brittle temperature
(brittle point)
Tgガラス転移、量記号 ガラス転移温度
(ガラス転移点)
K glass transition temperture
(glass transition point)
MVムーニー粘度、量記号MLムーニー粘度、量記号 ムーニー粘度   Mooney viscosity
Mn数平均分子量、量記号 数平均分子量   number-average molecular weight
Mw重量平均分子量、量記号 重量平均分子量   weight-average molecular weight
固有粘度、量記号 極限粘度数
(固有粘度)
  limiting viscosity number
(intrinsic viscosity)


[お問合せ/お見積はこちら] ▲TOPへ

ゴムの試験等で使用される主な用語

上記、一覧表の用語を簡単に説明しています。さらに詳しく説明したページへ。


引張強さ

tensile strength (at break)
ゴム試験片を引っ張って破断させるのに要した最大の引張応力。破断強度。

破断伸び

elongation at break
破断時のゴム試験片の伸び率。

引張応力(引張モジュラス)

tensile stress (tensile modulus)
ゴム試験片を引っ張るのに要した応力。加えられた力をゴム試験片の元の断面積で除して計算する。(ゴム試験片の特定部分が、所定の伸びになるまで引っ張るのに要した応力)

ヤング率

Young's modulus / longitudinal (elastic) modulus
縦弾性率、伸長弾性率ともいう。垂直応力σとその方向のひずみεの比でN/m2又はPaで表す。

低変形伸長応力

tensile low elongation
加硫ゴム(架橋ゴム)に低変形を与えた時の、所定のひずみにおける応力および静的弾性率。

永久伸び

(Permanent) tension set / permanent elongation
加硫ゴム(架橋ゴム)に一定の時間、一定の伸びを与え、それを取り除いた後に残る永久的な変形量。残存伸びと元の長さとの比を%で表す。

硬さ

hardness
ゴムのへこみに対する抵抗。

引裂強さ

tear strength / tear resistance
加硫ゴム(架橋ゴム)の試験片を引裂くのに要する最大の応力。破断強度。

圧縮永久ひずみ

compression set
ゴムに圧縮変形を起こさせる力を完全に取り除いた後も残る変形。圧縮永久ひずみ率は、ゴム試験片を一定温度で一定時間圧縮させた後、圧縮力を除いて一定時間経過後に残る変形を%で表す。

接着強さ

adhensive strength
ゴム製品、ゴム試験片の接着部分の界面を剥離させる力。

反発弾性

rebound resilience
機械的に変形したゴムが変形を急速に回復する際に外界に対してエネルギーを放出する性質。

熱老化試験

残留率 heat aging,retension 変化率 heat aging,change
ゴム試験片を規定温度で規定時間老化させた後、各特性を測定し、試験前の各特性と比較することによって熱老化性を評価する試験。

浸漬試験

残留率 swelling,retention 変化率 swelling,change
ゴム試験片を各種液体に浸漬し、浸漬前後の寸法、質量、体積、表面積および機械的性質の変化を評価する試験。

脆化温度(脆化点)

brittle temperature (brittle point)
ゴムが低温で衝撃を受けると亀裂や破壊を生じる現象を脆化(ぜい化)と呼び、その時の温度。この温度はガラス転移温度よりわずかに高い。

ガラス転移温度(ガラス転移点)

glass transition temperture (glass transition point)
ゴム状態または液体状態から、もろいガラス状態への物質変化をガラス転移と呼び、ゴム状態・液体状態とガラス状態の境界点となる温度。

ムーニー粘度

Mooney viscosity
原料ゴム、未加硫ゴムの粘度と加硫特性を測定するための装置であるムーニー粘度計で測定される粘度の値。

数平均分子量

number-average molecular weight
高分子化合物などのように種々異なった分子量をもつ分子から成る物質について、それが一種類の分子から成るとした場合の仮想的分子量。その中で数平均分子量は、それぞれの分子の分子量を全て足し、その分子数で割ったもの。

重量平均分子量

weight-average molecular weight
高分子化合物などのように種々異なった分子量をもつ分子から成る物質について、それが一種類の分子から成るとした場合の仮想的分子量。その中で重量平均分子量は、それぞれの分子の分子量に各分子の重量を掛け合わせて、全て足し合わせたものを、その全重量で割ったもの。

極限粘度数(固有粘度)

limiting viscosity number(intrinsic viscosity)
高分子のサイズ(大きさ)を表現する方法で、物体をある溶媒に溶解した溶液において、一般に粘度が溶媒から上昇する現象に基づいて算出された値。

(参考)ギリシャ語アルファベット

JIS Z8202によると、「量記号は、一般的にラテン語又はギリシャ語のアルファベットの一文字であるが、場合によっては、添字又はその他の修飾用符号を付けることができる。これらの量記号は、(本文の他の部分で使用されている書体とは関係なく)イタリック体(斜体)で印刷する。」となっています。

ギリシャ語アルファベット
アルファ Α α
ベータ Β β
ガンマ Γ γ
デルタ Δ δ
エプシロン Ε ε
ジータ Ζ ζ
イータ Η η
シータ Θ θ
イオタ Ι ι
カッパ Κ κ
ラムダ Λ λ
ミュー Μ μ
ニュー Ν ν
クサイ Ξ ξ
オミクロン Ο ο
パイ Π π
ロー Ρ ρ
シグマ Σ σ
タウ Τ τ
ユプシロン Υ υ
ファイ Φ φ
カイ Χ χ
プサイ Ψ ψ
オメガ Ω ω